MENU
カテゴリー

アムステルダム日帰り夜行バス旅行ーミュンヘン発ー【オランダ】

タイトル

こんばんはドイツの元留学生のLINGOです。

留学時代、オランダのアムステルダムに弾丸バス日帰り旅行をしました。
国外バス旅行が日帰りで出来るって島国育ちの日本人には不思議な感じがしますよね。

ミュンヘンからバスで片道約12時間、夜行バスで行って現地に約12時間滞在し、夜行バスで帰るかなりハードな日帰り旅行。

行きはパスポートチェックがなかったのですが、帰りは軽い持ち物検査とパスポートチェック。
オランダでは大麻(マリファナ)が合法とされているけれど、他の国を通る時に法律が異なるから持ち込まないようにチェックしているんだろうな。
日本国籍のパスポートだと長々念入りに持ち物検査される可能性は極めて低いのがありがたかったです。
陸路で国境を超える時にわざわざチェックされたのはこの1回だけ。
EU国の移動の自由ぶりすごいと思いました。

目次

Amsterdam アムステルダム

f:id:Lingo54:20200612191647p:image

大阪生まれなので川と橋がたくさんある都市が好きなのですが、アムステルダムもばっちり川と橋がたくさんあります。

ちょうどチューリップが咲き誇る時期に行ったので、ハウステンボスがオランダの街並みをすごく忠実に再現してるのがバスを降りてすぐにわかるくらい「そのまま」です。

f:id:Lingo54:20200612191656p:image

アムステルダム中央駅(Amsterdam Centraal Station)

外観もかっこいいですよね。

f:id:Lingo54:20200612192447p:image

f:id:Lingo54:20200612192436p:image

自転車の人多いです。
日本のママチャリみたいにカゴが付いている自転車なかなかないんですよね。

f:id:Lingo54:20200612192427p:image

f:id:Lingo54:20200612192717p:image

博物館・美術館 Museums

アンネ・フランクの家(Anne Frank House)

Home | Anne Frank House

オランダのアムステルダムにあるアンネ・フランクの一家など8人が1942年から約2年間、ナチスの迫害から逃れるため隠れ家として住んでいた家を利用した博物館である

アムステルダムの美術館・博物館のなかでも、特に人気です。
ベルリンやミュンヘンのユダヤ人収容所は結構空いているんですが、「アンネ・フランクの家」は街中にあるので混んでいます。

ゴッホ美術館(Van Gogh Museum)

https://www.vangoghmuseum.nl/ja/visitor-information-japanese

『じゃがいもを食べる人々』『ひまわり』『アーモンドの花咲く枝』『種まく人』などの有名作品が展示してある。

入場のためにかなりの列が出来ていて、混んでいたので諦めました。
12時間でできることは限られるし、美術館や博物館が好きなので長居するほうなので時間制限があると入りにくい。
展示物をぱっと見て出れる人だったら見れると思います。

ディック・ブルーナ・ハウス(ミッフィー博物館)

ちょうど訪れた時、屋外の広場でミッフィーのイベントをしていてたくさんのいろんなミッフィーさんがいました。
ミッフィーさんオランダ生まれだったのか。
「ディック・ブルーナ・ハウス」というミッフィーさんの作者の博物館がアムステルダムから電車で約30分位のユトレヒトにあるようです。

https://nijntjemuseum.nl/?lang=en

ごはん

スーパーマーケットでチーズやビールを買ったり、フライドポテトとオランダワッフルを買い食いしたりしました。
街並みを楽しみたい気持ちが強すぎて、一人の旅行の時は軽食が多いです。

公共の場所での飲酒は罰金がある国なので、お酒を飲みながら散歩は出来ません。
海外はこういう国多いですけどね。
イスラム圏はお酒自体厳しいところが多いし。

ヨーロッパはやっぱりチーズが安くて美味しいんです。
商品の種類をいろいろゆっくり見たい時、会話する回数が少ないスーパーマーケットだと、じっくり選べるし、現地の雰囲気がわかるので旅行先のスーパーマーケットおすすめです。

ブログ始めるまであまり写真撮らない方だったので、今回の食べ物の写真はInstagramのお店アカウントのをリンクしましたが、実際に食べた場所ではないです。

オランダのワッフルはストロープワッフル(stroopwafel)といって、中にシロップが入っていてやや甘め。

アムステルダム式ストロープワッフル
ワッフル生地を焼くときに途中で半分に切って、片側の表面にシロップを塗って再び重ねて焼き上げるという作り方をする。

フライドポテト屋もいっぱいあって、マヨネーズで食べるところが多かったです。

文化

大麻

オランダでは大麻は合法なので、土産物屋やそこかしこで大麻入りケーキが売っています。
ホストマザーからそのケーキを食べてみろと言われていたのですが勇気がなくて食べていません。

一口食べたら身体に変化がないか確かめながらゆっくり食べてね。一気に食べると危ないよ。

とアドバイスをもらったのですが、普段から早食いなので言いつけを守れないし、やめときました。
前々からアトピーなので、皮膚病にいいらしいと聞いていたんで気にはなっています。
こんな感じで見た目は普通。

コーヒーショップというところで吸う方の大麻は売ってます。

ヘンプから取れるCBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療も、最近ではようやく日本でも開始しているクリニックもあるので住んでるところの近くに出来たら行ってみたい。
癌の痛みなどで海外でどんどん使える国も増えてます。

日本にもオイルを扱うお店もあるので試したよ!らまたレポートしますね。

あわせて読みたい
美容・健康業界で流行中のCBDを1ヶ月間試してみた。 “CBD”をご存知ですか。母親がガンで亡くなったのと、自分自身赤ちゃんの頃からアトピー性皮膚炎で代替え医療に興味があり、“CBD”は皮膚疾患に良いと聞いて、前々から気...

飾り窓・レッドライトディストリクト(Red Light District)

レッドライトディストリクト(Red Light District)という風俗産業の地域があります。
飾り窓地区とも呼ばれたりしています。
行ってみたかったのですが、時間の都合で見にいけませんでした。
注意事項として、そのあたりで飾られている女性を写真で撮る行為は禁止されています。
撮影して見つかったあとは警察のお世話になることも。
売春自体はオランダでは合法ですが、その女性たちの写真を撮ることは万引きや器物破損と同じ行為に相当すると考えられます。
日本でも性犯罪の罰則が厳しくなればいいですね。

言葉

英語が出来る方が多いので旅行であれば英語が出来れば問題なく楽しめると思います。
ドイツ語とオランダ語はかなり似ていて単純な文章だったら、ぼんやり聞いてわかる感じです。
実際、アイルランドのシェアハウスで最初とっさに英語が出てこなかった時、オランダ語を学んだシェアメイトにドイツ語で返事してました。
幼少の頃に行った長崎の印象みたいで、言葉が聞き取れそうで聞き取れないけど時々わかる感覚です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる