映画嫌いが見た フライト中見た映画

f:id:Lingo54:20200402195409j:image

 

こんばんはLINGOです。

 

普段、映画は全くと言ってもいいほど見ないのですが(10年以上映画館に行かなかった時期がある位)さすがにフライト中は見ます。

 

今回見たものを紹介します。

まだ、映画の配信サービスでは入ってない作品が多かったので紹介だけ。

 

マレフィンセント

よく、アンジェリーナジョリーの魔女のコスプレしたら絶対に似合うと言われているので見てみたけど、ええ話でした。もっと怖い話だと思ってましたが、ところがどっこいハートウォーミングでしたよ。怖くないよ。

 

ジョーカー

英語のみで字幕なかったけど話題だったので見てみたけど、暗いし、辛気臭いので1時間位見てやめました。

 

チャーリーズエンジェル(2019)

今調べたら、まだ公開中だった!ネタバレなしで。

主人公側の女性がみんなかっこよくて美しいのでそれだけでも見る価値あります。

映画嫌いから言わせると、約2時間映画を見るのがそもそも辛いのですが、2時間美しいものを見るということに置き換えれば全く苦痛なし。話もわかりやすかったのでおもしろかったです。前の作品を見てないので比較とか出来ません。

 

名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)

 

安定の面白さ。さすがやで、工藤。

シンガポールで怪盗キッドが出てきたり、園子の彼氏の誠さんが出てきたり、コナン映画お得意の巨大な建物が出てきて大アクションみたいなね、水戸黄門みたいに安心して観れます。

 

Nur eine Frau (英語タイトル: A regular woman)

実際あった事件の伝記映画。

日本語訳はまだないようです。英語字幕はあるので読める方はオススメします。

途中までしか見れなかったけど最後まで見たいので忘れないように自分用備忘録と兼ねて。

ひとことで言うと、

海外に留学をしても「自分はまだ世界を知らない」ということを知れる映画。

 

ベルリンに住むトルコ人の家族のお話です。

英語字幕読めない人はとりあえず異文化を知ろうということで、『もやしもん』の作者が描いたトルコのお話でも読んでみてください。 中東が題材の漫画って劇的に少ないですし。

 

 

映画 あらすじ

ベルリンに住む名誉殺人をしたクルド系トルコ人の移民の家族の話。

昔の話とかではなく、自分とほぼ同年代の人の実話。

主人公の女性は、親に結婚させられて嫁ぎ先で暮らしていたがDVにより元の家族の家に逃げ込む。その時、主人公は妊娠中。元の家族はそれを良しとしないので嫁ぎ先に戻れという。子供を産み、ますます疎ましがられる主人公。実の兄からのセクハラを受け、それをキッカケに家を出て、子供と暮らし始める決意をする。

子供と主人公の二人暮らしがはじまり、次第に友人も出来て、(イスラム教徒ではない)彼氏も出来て生活が変わっていく。実の妹とはたまに会って話をしたり、実の母親とも会えるようになって来た時、男兄弟はさらに彼女を疎ましく思い、町中で怒鳴り殴ったり(海外では男性が女性を公共の場で怒鳴ったりする人はほぼ犯罪なのでいない)一番下の弟がモスク(イスラム教の教会。男女は別々の部屋もしくは仕切りがある場所で祈る)に行くようになる。そこでさまざまなイスラムの教えを学ぶ。

男兄弟からの干渉に彼氏も次第についていけなくなり…

 

この辺りで到着してしまったので続きはわかりません。

僕はドイツの留学中ミュンヘンで過ごしていたけれど、留学前からの知り合いがベルリンで留学をしていたのでお互いの留学中に会った時、ドイツの移民系イスラムは自国(イスラム圏の国の意味)の人よりもマッチョ思想(日本語だと男尊女卑が近い意味なのかな。)が多いと言っていたので気になって見てみました。

自分のクラスメイトにイスラム圏の生徒もいたけどほぼ男性だったのでそういう話を聞かなかったし、ホストマザーもイスラム教の男性はマッチョ思想が多いと言ってましたが、実際のところはほとんどわからなかった、今もあまりわかっていないという感じなんです。

 

この映画を途中まで見た感想は、

国や地域によって信仰の厳しさの差が大きいと言われているイスラム教を、違う宗教から見た価値観や習慣と比べて単純に考えることができないということ。

イスラム教が悪いという意見ではなく、「名誉殺人」という言葉があるという事実があること。

トルコへの印象がやっぱり日本人とは違うこと。(ドイツはトルコの移民が多いので、日本で中韓ヘイトしてる割合と同じ位良く思っていない人が多い)

もっと日本人が多様な目線を持ったらいいのになということ。

 

海外の映画が好きで、ほぼハリウッドしか見たことない人とかかなりいてると思うけどそんな人でもキリスト教について調べてみたりしない、とか自分からしたら不思議で仕方ないと思います。

 

映画レビューとかしたことないのでうまくまとまってませんね。

 

家で過ごすアイデアは先日まとめたのでこちらもどうぞ。

 

www.lingo54.com

 では 健康に気をつけてお過ごしください。

 

 

  

 

↓応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

Copyright ©りんごのさら-Lingo no Sala- All rights reserved.