マスクつけるのツラすぎて就業時間の9割マスクなしで働いてる

f:id:Lingo54:20200705115931j:image

毎日、マスクをつける生活に慣れましたか?

僕はまだ慣れません。

めちゃくちゃしんどいです。

先日、転職をしたのですがマスクなしでオフィスで働いています。

語弊があるといけないので、コンプライアンスに違反しない範囲で書いていきます。

 

www.lingo54.com

どんな感じかというと、

マスクなしでもいい空間がいくつかあってその中で仕事をする時はつけなくても良い。

そこから離れて移動する時はマスクをつける。

人と話す時はマスクをつける。

という感じです。

そのルールを作ってもらったおかげで僕以外の人も数名マスクなしゾーン内でマスクをつけずに作業をしています。

 

経緯

 転職してまず「仕事の引き継ぎ」があるじゃないですか?

『座って仕事の説明を受ける』

これだけのことなんですが、マスクをしていると新しいことを聞く十分な酸素を取り込む肺活量が自分にはなかったようで、あまり苦しくて『息をする』ために席を立つ申し出を何度かしたのです。自分でも信じられない位虚弱だなと思います。

『立って仕事の説明を受ける』や『動きながら仕事の説明を受ける』同じ時期に働き始めた方からしたら考えられないかもしれませんが、『座って』いても身体的に息苦しいのです。

 こんなことが出来ない体力しかないことにショックをうけたのですが、普段比較的『元気に見える』らしいことは自分にとってあまり良くない面もけっこうあるなと改めて思い出しました。よくサボってるとか、ズルをしてるように見られがちだったし。体力がなくて物理的に出来ないことを『サボってると思っている人』に理解してもらうように言っても、わからない人もたくさんいます。相手をする体力もないので離れるしか出来ませんが。

説明を聞いただけでそうなるのですから『習った初めてのことを実践する』方が酸素をより使うようで作業をする間も『息をする』ために1日の間に何度も席を立つので、ある日フェィスガードで出勤しました。

フェイスガードをしている人なかなか見ないじゃないですか?マスクが本当に転職前からしんどくて買っていたのです。見た目も周りの反応を捨てても、息のしやすさだけに特化したフェイスガードを。鼻を出さずにちゃんとマスクをして普通に移動してる人見ると「すごい」としか思えない位の体力しかない人間にはこれしかないと思ったのです。

すると、すごく「浮く」ので遠くから見ても異変に気づいてくれたので、色々な方が動いてくれました。

それが経緯です。

 

心肺機能の個体差を普段感じることは、学生時代は体育の時間に、同じ時間、同じ運動をして息が上がりやすい人もいれば、上がりにくい人もいるということを、言語化しなくてもなんとなく『わかって』います。成人後は「肺活量の検査」とか「風船を膨らます」とか「水の中にでどれだけ息を止めれるか」とか、年に数回しかない時にしかわからない人が多いんです。まじで大体の人が『自分ができる位は相手もできるだろう』とか思う人が多い気がする。瓶の蓋が硬くて開けられない人がいるのはわかっている人でも心肺機能の個体差があることを気づかない、わからないんですよ。不思議なことに。

「マスクをつけるのが辛い」と言っても辛さの度合いが違うことをわかる人が少ないことも辛さのうちに入っているんだよ。オレは。

 

ちなみに僕の辛いはこれくらい。

僕は大食いの部類なので健康そうに見られますが、

小学校に上がる前からプールも中耳炎にすぐになるので1ヶ月継続して通えない、

小学校から毎月1〜2日は病院に行く、

日焼けをすると熱が出る+炎症で1ヶ月以上薬が増える、

一ヶ月以上ほぼ毎日鼻血が出るときが年に2回以上ある(ひどい年には365日中300日位出たこともある)、

中学高校時代、自分の第二次性徴を見るのが辛くて拒食症気味(基本毎日吐く)

医療関係の専門学校で白血病を先生に疑われる、

浮指、へん平足で動くと疲れやすい、

このあたりが病気ではなく体質で片付けられてしまう部分です。

耳鼻が繊細なんです。レーザーで鼻の粘膜を焼こうと思ってたのですが海外留学でなぜか大幅改善しました。

アトピー性皮膚炎としては

不織布のマスクだと肌が荒れる、

かき壊してる部分からの感染症が怖いので、汗、暑さを避ける、

石鹸で毎回手及び身体を洗うのを皮膚科で禁止されている、

ひどい時期は皮膚の再生が追いつかなくて食べても食べても体重が増えない、

20代の間ずっと毎月1〜2日は丸1日病院のはしごで休みが潰れる、

自分一人分だけで毎年医療費が5万円以上10万円未満でまれに10万円を超える年がある、

かゆみで集中して作業ができない、

普通のひとは「かゆい」がどれくらいか伝わりにくいみたいなのですが、『跡が残るから我慢しよう』として抑えてる位ではなく『ハサミの刃じゃない方で掻くのに抑えている(本当は刃の方がかゆみがましになるだろうな)』位です。

最近は体質もアトピーも注意しているのでかなりましになったのですが、マスクをつけたり、過剰な消毒をすることでこれに戻る可能性があることも辛いのです。

 

これが僕の普通の状態で、病院に行って問診票に「アトピー」と書くだけの症状。

これを普通の人に入れられるの昔から「普通じゃない」と思っています。

 

学校や職場でマスクをつけない人にも理由があることへの理解が深まるといいです。

 

 

 

↓応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

Copyright ©りんごのさら-Lingo no Sala- All rights reserved.