僕のイギリス英語(アイルランド)とアメリカ英語の実体験

f:id:Lingo54:20200327181645j:image

こんばんはドイツとアイルランドの元留学生です。

ドイツに約1年、アイルランドに約8ヶ月ほどいました。

アイルランドの英語は長い間イギリス領だったのでイギリス英語です。

僕が実際にアイルランドで体験した「わたしと英語」な話。

 

 

アイルランドに留学した最初のステイ先は、アイルランドで英語の先生をしている友人の彼氏C君と、アメリカ人で英語の先生をしている友人Nさんとのシェアハウスという奇跡のような恵まれた環境でした。

週末には彼らの友人が来てホームパーティをしたり(もちろんほぼネイティブ)、もちろんみんなが話してる会話に…入れるはずねえだろ。

1対1とかせめて自分を除いた2人とかなら会話はわかるんですが雑談は難しいのですよ。C君とNさんが話してることなら英語の先生だから無意識にある程度加減をして話してくれている(はず)なので結構いろんなことがわかるけど、普通の人は何が難しい文章や単語かもわからないので、本気でムリってなります。

でも楽しいこととかもあったよというエピソードを見て、読んでくれた方の学習のモチベーションが上がればいいなと思います。

 

エピソード1 ネイティブ英語教師でもわからない

そんな環境で外国人登録や銀行、働いた場合の税金の手続きなど書類の記入を手伝ってもらっていました。銀行の書類を見せてNさんに質問をすると「えー…これどういう意味かわからんからC君に聞くわ」と言って英語の意味を英語で聞くと行ったことがありました。その時だけでなく、一緒に暮らしているとNさんがアイルランドで使っている英語の意味がわからなくてC君や他のアイルランド人に聞くということが度々ありました。

エピソード2 映画字幕

Nさんは映画(特にホラーとかゾンビとか)が好きでよく見ているのですが、映画館でアメリカの映画が字幕付きで上映されたりもします。時制の使い方とか単語の意味が微妙に違うので話がわからなかったりするから、という理由です。

エピソード3 ほのぼの

Nさんの友人でアメリカ人とアイルランド人が結婚して、お互いの両親が会った後お母さん同士が仲良くなったものの、お互いの英語がわからないから電話やスカイプではなく文通してるそうです。それでもあんまり内容がわからないと言っているそうです。

エピソード4 ゲール語と英語

アイルランド独自の英語もあります。

アイルランドの公用語はゲール語と英語。

C君や語学学校の先生に聞くとゲール語を話せる人も少ないし学校で習っても使う機会がないから忘れていくそうですが、日常会話に残っている単語もあるのです。

Crack(クラック)

普通ならひび、割れ目などの意味ですが、アイルランドではCraicと書く場合もあるけどnews, gossip, fun, entertainmentなどの意味もあります。

"What's the craic?"は結構言われるのでアイルランド留学を考えている人は覚えといてください。 ("How are you?" や "What's happening?"の意味)

 Sláinte(スロンチャ)乾杯!の意味 もかなり使います。

 

エピソード5 APHと英語

ヘタリアのイギリスさんとアメリカさんの英語の違いって2次創作の動画をYouTubeでNさんと見たら「rubber(イギリス英語では消しゴム)のネタめっちゃわかるwwwこれ生徒が言うと毎回笑いをこらえる」爆笑してました。その動画探したけど見当たらない…

  いつも僕が語学をがんばるモチベーションの「漫画の話を他の言語で話したい。漫画みたいなことを体験したい。」が出来た良き体験です。

 

 

エピソード1〜3の体験で、僕が英語を完璧に出来なくても当然だし、もっとガンガン話してる相手に聞いていこう、わからないことは恥ずかしいことではないな、と思えました。

 

あと、ミラティブという動画配信アプリで毎日外国語の発音の練習をするだけの動画を連続300日生配信しているのですが(たまにゲームだけの日がある)、このキャンペーン前に『キクタン』をダウンロードしたのでいつものスペイン語練習のDropsに加えて、アルクの『キクタン』も最近してます。

真剣に練習したいだけなんででフォーローだけして、話しかけず見守ってください。

www.mirrativ.com

 

まったく内容違いますが、英語でも記事書いたので読んでみてね。

 

www.lingo54.com

 

  

 

↓応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

アルク #トーキングマラソン 特別お題キャンペーン「わたしと英語」

アルク「トーキングマラソン」×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by アルク「トーキングマラソン」

Copyright ©りんごのさら-Lingo no Sala- All rights reserved.