外務省海外安全情報 無料配信サービス「たびレジ」からのメール 2020年3月中旬の海外旅行

2020年3月中旬の海外旅行に行ったので、あまり一般的なメールではないかもしれませんが、

海外旅行行くときに『たびレジ』に事前登録するとどんなメールが来るか

実際来たメールを紹介していきます。

こんな大変な事態になるとは思ってもみない程の世界的な被害ですね。

目次

たびレジって?

外務省のサイトhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp

たびレジとは
外務省からの最新の安全情報を日本語で受信できる
海外安全情報 無料配信サービス

外務省

行く都市の
・危険情報
・デモやストライキ
・事前にわかるテロの可能性など
日程に合わせてお知らせしてくれます。

メールを外務省が送信してくれるのでわざわざホームページを見に行く必要がないです。
通信量も通信料も節約出来て海外では大助かり!

何より緊急性のある情報が日本語でメールが届くことがありがたい!
外国語のニュースを見て正確に全ての情報を受けとれるとは限りません。
命に関わることなどは母国語で知りたいですよね?

日本人留学生の間で『危険に見舞われたらアメリカ領事館に逃げ込め』と言われていたのも強めに頷ける今日この頃。
どれ位日本政府が何をしてくれるのかという対外的な指標にもなります。
2015年ISIL日本人拘束事件で「自己責任」と言う政府なので、自分で回避出来る危険は回避していきたいです。

ですが、今回登録をしていて、めちゃくちゃ助かったので詳しく説明します。

渡航前

2020年3月12日〜20日で渡航予定でした。

僕は2020年2月8日に登録。
実際の登録完了メールがこんな感じ、

f:id:Lingo54:20200403211201p:image
f:id:Lingo54:20200403211237p:image
f:id:Lingo54:20200403211501p:image
f:id:Lingo54:20200403211506p:image

複数都市を周遊予定だとめちゃくちゃメール長いです。

海外に慣れてない方は、全文・リンク先もしっかり飛んで読んだ方がいいです。

WiFiがない場所やうまく繋がらない時のために
日本領事館の住所は、事前にスクリーンショットしておきましょう。

パスポートの盗難にあった時や、スマホの利用はホテルのWi-Fiだけ、と考えている人にも何かあった時すぐ対応出来ます。

f:id:Lingo54:20200403211934p:image

2020年2月中旬に届いたメール

ドイツから2件。
スペインからはなし。

f:id:Lingo54:20200403213840j:image
f:id:Lingo54:20200403213910p:image

台風情報と、観光予定日に安全保障会議とデモのお知らせ。
観光予定日にデモがあると知った時点で【悲報】タグ付けたかった位悲しかった。
しかし、安全保障会議のおかげで、周りの国は数日早くレストランやカフェの営業が禁止になってたけれど、旅行中にレストランやカフェでご飯が食べれる期間が長くなったと信じている。

2020年2月の26〜28日に来たメール

スペインから2件、感染者情報と犯罪情報が届きました。

f:id:Lingo54:20200403213341p:image
f:id:Lingo54:20200403213415p:image

ジブラルタルからも1件(イギリス領だが場所はスペイン領の端っこの半島)
f:id:Lingo54:20200403213546p:image

この時点で日本の方が海外から危険視されています。
2月末まではそんな状態でした。

3月3日から急に平日毎日メールが来るように。

f:id:Lingo54:20200403222931p:image
f:id:Lingo54:20200403222926p:image

これが1週間後、

f:id:Lingo54:20200403223920p:image
f:id:Lingo54:20200403223925p:image

両国とも約100名が約1000人になりました。
渡航前日の2020年3月11日にドイツでは1000人以上集まるイベントが出来なくなりました。
政府のスピード感すごい。

f:id:Lingo54:20200403224422p:image

スペインはたった2日で2000人超えの感染者。

f:id:Lingo54:20200403224607p:image
f:id:Lingo54:20200403224602p:image

出発後

出発日の12日に「スペインの一部都市で閉鎖」決定のメール。

f:id:Lingo54:20200403224821p:image

このメールをWi-Fi不安定な乗継地で見たので、帰りの飛行機が飛ぶかの心配位しか出来ませんでした。(スペインから帰って来るつもりだったので)

「警戒事態」宣言・都市封鎖

f:id:Lingo54:20200403225313p:plain

その後、スペイン全土の「警戒事態」宣言・都市封鎖の発表。
帰国出来るの?
取ってた飛行機、電車やホテルはどうなるの?
電話はかけても繋がらないし、
国際電話の料金だし、
飛行機、電車やホテルの変更手続きもあるし、
など、「たびれじ」に登録していたから比較的にすぐ対応出来ました。
してなかったらどうなっていたことか…

ドイツでも、

f:id:Lingo54:20200403225857p:image

旅行中のご飯は当然ながら外食頼り。
日本の様にトイレがどこでもあるわけではなく、行ける場所は限られているし、有料です。
コンビニもない外国で、観光施設やレストラン、カフェが閉まっていると、トイレのタイミングって難しいんですよ。
当日ではなく前日知れたので動ける範囲も決めれました。

海外でこんなピンポイントで事態が急変することはなかなかないとは思いますが、今回本当に助かりました。

留学の方も早めに申請すると海外にいても日本の選挙に投票出来ます。
僕の時は登録後3ヶ月経ったら投票できるはずだったんですが、僕は登録が遅くて選挙の投票が出来なかったのでとても悔しかったです。

では、良い週末を!

タイトル

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる