渡航前に忘れずに入れておくと便利な時計と天気の設定

こんにちは、ドイツとアイルランドの元留学生のLINGOです。

今回は、渡航前に設定しておいたほうがいいApple純正標準アプリの紹介と設定方法です。
Androidの人は似たようなアプリを探してください。

ブログのタイトル見てもらったらわかる通り、留学からずっとApple製品使っていて、Androidは仕事で2年くらいしか持ったことないのであまり詳しくないので、ごめんね。

留学を考えている人は、天気の設定を早めにしておけば、現地の1日の気温や天候の変化がわかるのでオススメですよ。

目次

時計

f:id:Lingo54:20200220210034p:plain

海外旅行は、時差があるので事前に現地時間を設定しておくと、現地でもスムーズです。

飛行機の乗換がある場合は、乗り換え地の時間も設定しておいた方がいいです。
乗換は、「言葉の壁+時差+フライトの乗継時間」で焦ることが多いので、事前に入れておくと安心して行きも帰りも過ごせます。

f:id:Lingo54:20200220213854p:image
f:id:Lingo54:20200220213928p:image

都市の名前は大都市でないと出てこないことがあるので、地方に行く方は↓

f:id:Lingo54:20200220213937p:image

ただ、アメリカなど一つの国で複数のタイムゾーンがある場所は必ず同じタイムゾーンの大都市名にしておかないと大変なことになります。

f:id:Lingo54:20200220214014p:image

留学などで長期の渡航でない場合は、帰りの乗り換え地も忘れずに登録しておいた方がベター。帰りは気も緩みがちなので事前にしておくと当日に慌てないですよ。

天気

f:id:Lingo54:20200220210025p:plain

2カ所以上の都市を訪れる場合はこちらも事前に設定しておくことで気温の変化など、季節の変わり目などの渡航には特にオススメ。

二人以上で行く場合、体感温度とかも個人差あるので数値化して見るのが一番いいと思います。

もちろん夏は暑いと思うし、冬は寒いと思うけれど、ヒートテックを買ったことない、着たことない、夏でも小学生から長袖派なので、「暑いか・寒いか」を聞かれるとけっこう困るんです。

f:id:Lingo54:20200220210017p:plain
f:id:Lingo54:20200220225216p:image

ちゃんとピンポイントの市の名前入れておいた方がいいですよ。

日本でも京都市内と滋賀に近い京都とか海沿いの京都とか気温違うでしょ。
だからピンポイントの都市名を入れましょう。

f:id:Lingo54:20200220225240p:image

こんな感じ。
時間も表示されてて便利。

一週間分の天気と気温も見れるので、持って行く服も決めやすいですね。

f:id:Lingo54:20200220225247p:image

登録した都市は上の写真の通りスワイプしていけば、各都市の天気と気温がチェックできます。

では良いご旅行を。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる