写真や絵に入れるウォーターマークの作り方 Phonto使い方解説

f:id:Lingo54:20200420220236j:image

こんばんは、アイキャッチ作りが大好きなLINGOです。

ブログの写真みなさんどうしていますか?

僕はピンタレストも利用しているので、自分が撮った写真を無断で使われたら嫌だなと思いウォーターマークを付けています。

ウォーターマーク(英語: watermark)とは、本来、紙の透かし(すかし)のことを指すが、著作権表示などのために静止画像や動画に写し込まれる小さな図案や文字を指すことが比較的多い。

アイキャッチにも自分のブログのアドレスを入れてます。

どんなアプリを使ってるのかというと、

Phonto 写真文字入れ

Phonto 写真文字入れ

Phonto 写真文字入れ

  • youthhr
  • 写真/ビデオ
  • 無料

apps.apple.com

こちらです。

ブログを始める前から3年以上お世話になっています。無料で使えますが、一部有料です。

ココが良い!

縦書きに対応
日本語のフォントが多い
特殊文字も多い
定型文も設定出来る

では早速アプリを起動していきましょう。

開けたらすぐに使えます。

下のカメラマークを選びます。

f:id:Lingo54:20200408214726p:image

↑三マークの方は設定で有料のメニューが購入出来ます。

自分の使いたい写真や画像を選びたいので今回は写真アルバムを選択。

f:id:Lingo54:20200408214740p:image

押すと全ての写真から選べるようになります。

自分のアルバム内から選びたい時は『写真』のところを押します。

f:id:Lingo54:20200408214716p:image

今回は自分のブログのURLを入れたいのでコピーをします。

f:id:Lingo54:20200408214751p:image

写真を選んだら、文字を入れたい場所をタップします。

f:id:Lingo54:20200408214758p:image

文字を入れるウィンドウが出てくるのでそこにペースト。

文字を直接打ち込むことももちろんできます。

f:id:Lingo54:20200408214731p:image

こんな感じになります。
f:id:Lingo54:20200408214736p:image

文字が目立ちすぎるのでちょっと薄くします。

「スタイル」を選択します。

f:id:Lingo54:20200408214746p:image

下の部分の透明度で文字の濃さを調節できます。

完成!

f:id:Lingo54:20200408214721p:image

こんな感じで作ってます。

正直めんどうだと思う時もありますが、写真を見てブログを読んで欲しいから頑張ってます。

では、よい1週間を。

タイトルとURLをコピーしました