MENU
カテゴリー

「ウマ娘好き」を日常でアピールしたい人にも。馬モチーフブランド6選

タイトル

「ウマ娘」はじめました。
僕は、小学校に入る前からずっと「電撃」を出したいと思っていて、今でもその憧れからポケモングッズを持ち歩いているのです。
なので、今回はいつも「ウマ娘」達と一緒の気分になれるように、「ウマ娘」にちなんで馬モチーフのブランドを調べました。
これで「ウマ娘」育成仲間達を見つけやすくなったり、布教もしやすくなるのではないでしょうか?

目次

Hermes エルメス

https://www.hermes.com/jp/ja/

フランスのファッション会社。
パリで馬具工房として始められた。
その後、鞄や財布などの皮革製品に事業の軸足を移した。

現在でも馬具工房に由来する四輪馬車と従者がロゴに描かれている。
主人が描かれていないのは「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを御すのはお客様ご自身です」という意味が込められているためである。

Hermès 公式サイトより

漫画でエルメスの歴史がわかりやすく公式サイトにまとめられています。
元祖BL漫画の『風と木の詩』の竹宮 惠子先生が作画です!
お耽美な絵柄がブランドの高級感にピッタリ。
さすが、ヨーロッパの中で随一の漫画好き国家フランス!

https://hermes-manga.com/?utm_source=display_ec_footter&utm_medium=owned&utm_campaign=21manga&utm_content=ec_footer

Ferrari フェラーリ

https://www.ferrari.com/ja-JP

イタリアの高級自動車メーカー。
元レーシングドライバー兼レーシングチームオーナーのエンツォ・フェラーリによって、1947年に設立された。
後足で立ち上がった馬の図柄を使用するため「跳ね馬」の愛称を持つ。
「跳ね馬」があしらわれた紋章は「長方形」と「盾形」の2種類があり、上部にはイタリアの国旗と同じ三色(緑白赤)のラインが入っている。

AIGNER アイグナー

https://www.aignermunich.jp/

馬蹄形のAのマークがきらりと光るドイツのアパレルメーカー。
1965年ミュンヘンで誕生。
馬蹄形はヨーロッパでは、四つ葉のクローバーと同じく有名なラッキーシンボル。
「上があいているU字型にラッキーが転がり込み、窪みで幸せを受け止め満たしてくれる」
「扉に蹄鉄をぶら下げると魔除けや幸運のお守りになる」など、車が登場するまでは重要な移動手段だったので、裕福さも表しているのでしょう。

僕のブログでも開設当初から「アイグナー+〇〇」でいくつか検索が途切れずにあるのはこの馬蹄型のご利益なのかもしれません。

GODIVA ゴディバ

https://www.godiva.co.jp/

ベルギーの高級チョコレートメーカー。
ロゴマークは、「馬」に乗った裸の「女性」。
そう「ウマ娘」。
チョコレートなので女性にも「ウマ娘」を勧めやすいし、一緒にゴディバのチョコを食べてゲームをプレイする。
そんな甘い夢も叶うかもしれない。

Ralph Lauren ラルフローレン

https://www.ralphlauren.co.jp/

アメリカの高級スーツやポロシャツなどのファッション会社。
オリンピックアメリカ合衆国代表のユニフォームも複数の大会で手掛けている。
1974年、映画『華麗なるギャツビー』の主演の衣装デザインを担当。
これぞ「ザ・アメリカン・トラディショナル」の代表的存在。

LONGCHAMP ロンシャン

https://www.longchamp.com/jp/ja/

フランスのラグジュアリー・レザーグッズブランド。

世界初の高級革巻きパイプを製作し、その後財布やパスポートカバーといった革小物へと製作を拡大した。
1970年代に、革とナイロンを使用したシリーズを考案。
これは、当時販売されていた重いスーツケースとは異なり、初めての軽量な旅行バッグであった。

日常に取り入れられそうなグッズは見つかりましたか?
それでは楽しい1週間を!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる