簡単に覚えられる 日本語と発音が似てるけど意味が違うドイツ語 24個

LEARNING

5単語でドイツ留学した僕のドイツ語の単語の覚え方。
ドイツ語は文字と発音がリンクしているから英語より単語が遥かに覚えやすいんです。

英語が出来なくても、他の言語は意外に簡単かもしれないと思ってもらえればシェアお願いします。

ドイツ語にちょっと興味がある人向け。

「かっこいいドイツ語」以外もあるんです!

自分が簡単に覚えられた単語だけを紹介します。

こんな感じで楽しく覚えよう。

Haare  ハーゲ
意味:髪の毛(複数形)
発音:Rの発音が喉に痰が絡まった時のような発音なんですよ。
ハーゲの「ハー」は伸ばす部分風邪の時のような気持ちで発音。
髪の毛の意味なのにHaareハーゲ。
意味が真逆で覚えやすい。

旅行でもよく使う単語

Ja ヤー

意味:(会話の返事で)はい。(英語のYesと同じ)
発音:「やぁ、みんな」と言う時の「やぁ」に近い。
使用上の注意:「はい」か「いいえ」を聞かれて、ちょっと「いいえ」寄りかなーと悩んでる最中のにうっかり「やー…(ちょっと)」って声が出てる時がよくあるんです。

Nein ナイン

意味:(会話の返事で)いいえ(英語のNoと同じ)
発音:英語の9とほぼ同じ
使用上の注意:「Oh,no!」みたいな時に、日本に帰ってきて「Ah, Neinアー、ナイン」と口にしてしまったことがあって、「何が無いん?」って関西なんで聞かれました。

und ウンド

意味:〜と(英語のandと同じ)
発音:dは発音してるけど「うん」しか聞こえない程度。
ドイツ旅行中、日本人の友人が「『うん』って(お店の人との)会話の途中でよく言ってたけどどんな意味?」と聞かれたので「d」は聞きとりにくいみたいです。

Tschüs チュース

意味:バイバーイ(英語のbye-byeとほぼ同じ)
発音:「こんにちは」の緩い言い方の「(こん)ちゃーす」に近い。
使用上の注意:「(こん)ちゃーす」が聞き馴染みがあるから、バイバイする時に言うのも聞くのも違和感。

Lecker レッカー

意味:美味しい
発音:「車がレッカーされた」時とほぼ同じ。
使用上の注意:日本人はLの発音を意識するだけ。
ドイツ車はベンツやBMWなど車にいいイメージあるから覚えやすい。

Schinken シンケン

意味:ハム
発音:真剣にしか聞こえないけれど、アクセントは「シ」が強い
使用上の注意:ソーセージが有名なドイツだけど、ソーセージはドイツ語でWurst(ヴルスト)で旅行に行く位だったら覚えにくいから「Schinken シンケン」だけ覚えたらいいよ。
ドイツハムも美味しいよ。

alles アレス

意味:全部(英語のallとほぼ同じ)
発音:アレ(ス)
sの音が聞き取りづらいから「あれ」にしか聞こえないと思います。

beide バイデ

意味:両方(英語のbothに近い)
発音:(関西弁アクセントで)「倍で」に近い発音。
なんとなく意味も似てるので覚えやすい。

mal マル

意味:〜回、〜つ(一回や二つの表現と同じで数字の後ろにつける)
発音:「まるっと」の時の「マル」に近い。

Daran ダラン

意味:順番
発音:「『だらん』とした服」の時の「だらん」の発音に近い。

Karte カルテ

意味:カード
発音:病院の「カルテ」と同じ発音。
クレジットカードとか、トランプやウノにも使います。

weit  ヴァイト

意味:遠い
発音:バイトに聞こえるけど「ヴァ」イト

Flasche フラッシェ

意味:瓶
発音:「フラッシュ」に近い。
「ュ」を「ェ」に変えるだけ

kaputt  カプット

意味:壊れる
発音:「カプッと食べた」時の「カプッ」

Semmel ゼーメル

意味:小さい硬いパン(南ドイツのみ)
発音:ゼーメルなんですが、だいたい複数形で使うので、「Semmelnゼーメルン」
Lの音が日本人には聞き取りにくくて違う様に聞こえる。
発音してみたらわかる感じですが、下ネタなのでお察しください。

heil ハイル

意味:(最高の)幸せ、繁栄、万歳
発音:ハイ(ル)
使用上の注意:敬礼はするつもりがなくても、旅行中にテンションが上がって「はいっ!」っと手をあげて返事したくなることもありますが、何度もこのブログで書いているけど冗談では済まされない。
逮捕の可能性があるので気をつけてください。

【海外旅行】ダッハウ(KZ Dachau)強制収容所 観光のときの注意事項
こんにちは、元ドイツ留学生LINGOです。 2020年3月30日に2020年3月14日の訪問した時の情報を追記しました。 2020年でアウシュビッツ解放75周年だし、せっかくの機会なので最も古い強制収容所のダッハウに行く...

もっと知りたくなった人に

Warum ワルム

意味:なぜ(英語のwhyと同じ)
発音:ワゴム
Rの発音が喉に痰が絡まった時のような発音なんですよ。
この言葉知ってからずっと「輪ゴム」って言ってますけど通じなかった事が1回もないです。
絶対に日本人が「Warumワルム」って意識して言うより「輪ゴム」って言った方が通じると思う。
※個人の感想です。

jetzt イエッツト

意味:今
発音:ztは発音するけど、「イエッ(家)!」って聞こえる気がする。

immer イマー

意味:いつも
発音:「今ー」で語尾をあげる感じ
使用上の注意:上記のjetzt(今)と帰国した直後、日本語の意味と発音が頭の中でわからなくなった。

Ballaballa バラバラ

意味:めちゃめちゃになる
発音:日本語とほぼ一緒。
使用上の注意:辞書にはないけれど、ネットで探すと見つかる。
頭打った時に言われたことがあるけど、微妙に日本語とニュアンス違いますが近い場面で使われます。

damals ダーマルス

意味:当時、あの頃
発音:「黙るっす」の「だ」を伸ばす感じで。

dann ダン

意味:それから(英語のthenと同じ使い方)、さらに
発音:剣道○段とかの「段」とほぼ同じ。

Na,〜 ナー

意味:(呼びかける時に)さぁ、おい、そら、等
発音:使う場面によって「な」の時と「なー」の時がある
使用上の注意:よく使うけど日本語の使う場面とはほぼ違う。

〜ne?

意味:〜(だよ)、ね?
発音:「〜(だよ)、ね?」とほぼ一緒
使用上の注意:東ドイツの元シェアメイトはよく使ってたけど、手持ちの辞書にはない。

もっと勉強がしたくなった方は、英会話教室でも有名な<Berlitzベルリッツ>でドイツ語が学べますよ。

Berlitzドイツ語に申し込む
ベルリッツ

タイトルとURLをコピーしました